メラニン 化粧品

シミやそばかすの大きな原因とされるメラニン色素は少ない方がいいのですがまったくないのは困ります。実は紫外線から身体を守ってくれる役割をしてくれるのです。通常メラニン色素は肌のターンオーバーによって外に排出されるのですが、紫外線を浴びすぎたりターンオーバーがうまくいかない時に皮膚の中に残ってしまうことがあります。それが蓄積されるとシミとして表に現れてしまうのです。

 

シミは出来るだけ早い対処が必要とされています。なぜならシミを予防する化粧品は数多くありますがシミをなくす化粧品はまだ数少ないので、なるべく目立つ前にお手入れする事が大切です。

 

ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが含まれたものが有効です。シミが出来るということは肌が弱っているということになります。肌への刺激が強い美白成分もありますので自分の肌質にあった化粧品を選ぶことも大切です。そして出来てしまったシミは簡単には消えません。シミが出来ないようにする、増えないようにするためにも毎日欠かさずしっかり使い続けることも重要です。

 

アスタリフトホワイトの特徴

紫外線には地上に届かないUV-C、日焼けの原因UV-B、肌の内側に入り込むUV-Aの3種類あり、UV-Aの中でも室内でも入り込んでしまうDeep UVAは肌に大きなダメージをもたらします。そして普段浴びている紫外線のうちUVBは4%、残りの95%がUVAとされています。ということは室内でも日傘をさしていても防ぐことが出来ていないのです。写真が色褪せる原因の紫外線を研究し続け、Deep UVAを防ぐD-UVガードを開発しました。それを化粧品に活用することで肌に透明感が出るようになり、ハリや潤いも生まれます。その他にもナノAMAがメラニンの生成を抑え、ナノオリザノールがシミの骨を分解するなどの独自の成分を使った化粧品です。美白化粧水・美白美容液・美白クリーム・美白シート状マスク・化粧下地とあり、化粧下地以外は朝晩2回しっかり使って頂くことで効果が感じられます。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 ナノAMA(アルプチン・ビタミンc誘導体)

 

アンプルールの特徴

目に見える目立ったシミの対策は念入りにしますが、実は目に見えないシミ予備軍は肌の奥にたくさん
潜んでいるそうです。シミの原因は紫外線以外にもストレスやホルモンバランスの乱れなどもあり誰もがシミを引き起こす可能性があるということです。シミ予備軍は肌の奥でメラニンがたまっていく状態で、その段階から徹底的にケアすることでシミが出来るのを防ぐことが出来ます。お肌への刺激が少ない新安定型ハイドロキノンは美白化粧品で初めて配合された画期的な成分です。そして乾燥していてはせっかくの成分が効率よく肌に浸透しないので、保湿対策も必要です。そんな美白も保湿もしっかり摂り入れる事が出来る化粧品です。高機能美白ローション・美白美容液・美容乳液ゲル・スポット集中美容液(夜専用)とあり朝晩2回しっかり使って頂くことで効果が感じられます。

価格 1,890円
評価 評価4
備考 新安定型ハイドロキノン

 

サエルの特徴

敏感肌の約7割の方が美白ケアを行っても効果が表れにくいと感じているようです。敏感肌は乾燥しやすく、炎症や酸化によっては肌機能が低下しシミやくすみができやすくなります。その乱れた肌にセラミドの4倍の浸透力と言われるセラミドナノスフィアがしっかり保湿してくれ透明感をアップさせます。メラノサイトを抑えるコウキエキス、高い抗酸化力のムラサキシキブエキス、抗炎症作用を持つアルニカエキスの天然成分で美白成分がしっかり届くようサポートします。気品高いローズ、ゆとりが生まれるゼラニウム、元気になれるローズマリーなどの香りは心身共にリラックスし、ホルモンバランスを整えるためにとても重要な役目をしています。そんな敏感肌の方が求めていたものが全て合わさった美白化粧品です。ホワイトニングローション・ホワイトニングエッセンス・ホワイトニングクリーム(夜専用)・ホワイトCCクリーム(朝専用)・ホワイトデイミルク(朝専用)とあり朝晩2回しっかり使って頂くことで効果が感じられます。

価格 1,480円
評価 評価3
備考 セラミドナノスフィア

 

メラニンが肝斑の原因に

 

肝斑というのはシミの一種なので紫外線とメラニンが活発化することが原因だと思っている方も多いと思いますが、肝斑に関しては現時点では直接的な原因としては無関係だとされています。

 

この理由として、もし紫外線とメラニンが原因だった場合には男性にも発症しないとおかしいからです。肝斑に関しては女性の特有の年齢の方のみ発症するので、それ以外の年齢の女性や男性にも発症しないと辻褄が合いません。紫外線を過剰に受けてメラニンが活性化すれば誰にでも引き起こされる可能性がありますので、肝斑との関係性は薄いでしょう。ちなみに紫外線によるメラニンの活性化で普通のシミは出来てしまいますが、それは肝斑ではないという解釈をして下さい。もちろんまだまだ研究中であり、現時点で関係がないということを覚えておきましょう。

 

つまり、本当に全く関係がないのかといわれるとまだ解らない段階ですので、通常の紫外線対策はしておくことをオススメします。実際に紫外線を受けやすいほお骨の辺りに肝斑は出来やすいので実際にはどうなのかわかりません。また、肝斑が出来ると紫外線の影響によって悪化してしまう恐れがありますので、どちらにしても常に紫外線対策をしておく必要があるでしょう。紫外線の受ける範囲を出来るだけすくなくすれば肝斑はもちろんのこと、さらには一般的なシミ対策にもなりますので、とにかく紫外線を受けないようにすることは非常に重要になるでしょう。

 

喫煙はメラニンを増やす要因に

 

喫煙をしている人というのは、喫煙をしていない人よりも老け顔になりやすいと以前から言われていました。日本では、このような老け顔のことを、喫煙者容貌やタバコ顔といわれていたりしていました。男性であれば、老け顔になってもそこまで気に留めたりするということはないかもしれませんが、女性から見ればかなり深刻な問題といえるのではないでしょうか?

 

女性の喫煙者というのは黒ずんだ肌になりやすいと言われているのですが、この喫煙と肌の関係について調査をした方がいます。この研究によると、非喫煙者の女性と喫煙者の女性の肌のメラニンの生成量などを調べてみたそうです。女性939人にアンケート調査をして、紫外線を浴びやすい額と、反対に紫外線を浴びることが少ない、腕の内側でどれくらいメラニンが含まれているのかを調査しました。この研究の結果、喫煙をしたことがあると答えた人と、現在もタバコを吸っている人というのは、額だけではなく、普段あまり紫外線を浴びない部位でも含まれているメラニンの量が多いということが分かりました。また、同様に紫外線に当たりやすい額も、非喫煙者よりも含まれているメラニン量が多いということが分かったのです。このことから、喫煙者というのは肌が黒ずんでしまいやすい状態になっているということが判明しました。

 

しかし、どうしてタバコを普段から吸っている人や、タバコを吸った経験がある人は、非喫煙者の女性と比べて、含まれているメラニンの量が多かったのでしょうか?次はタバコと肌の黒ずみ、メラニンとの因果関係についてお話をしていきたいと思います。

 

メラニンを減らすスキンケアのポイント

 

化粧品を使ってメラニンを排出していこうと考えている方も多いと思いますが、適当にスキンケアをしてもあまり意味はありません。アプローチ方法に適した化粧品でスキンケアをするようにしておかなくては、効果を十分に発揮することは難しくなってしまいます。
スキンケアをするときのポイントとして、
・メラニンを排出するように促進させる
・メラニンを薄くしていく
・メラニンを生成させないようにする
ことを意識しましょう。これらのことを意識することによって、どんな化粧品を使うのがいいのかもわかりやすくなります。最近は、メラニンに対して有効だと言われる成分を配合している化粧品も増えつつあります。ですが、高齢労働省が認可をしている美白成分と言われる成分も存在しています。

 

現在、厚生労働省が認可をしているものとして、エラグ酸・ルシノール・コウジ酸・アルビチン・プラセンタエキス・ビタミンCが挙げられます。厚生労働省が認可をしている成分が配合されているのであれば、それだけメラニンを減らして行きやすくすることも可能だと考えられます。いずれも美白成分として認可されているのですが、その成分によって効果などは異なっています。どのような組み合わせの化粧品を使うのがいいのかをしっかり考えるようにして、スキンケアをしていくことで、メラニンを排出したり生成を抑えたりしやすくなるのです。これまで、スキンケアに使う化粧品についてそこまで深く考えたことはなかったという人もおられるかもしれませんが、これを気に考えてみてはいかがでしょうか?

 

メラニンを減らす美白成分

 

表皮細胞というのは、基底層で作られ、28日周期で肌の表面までターンオーバーによって移動をしていきます。この基底層に、メラニン色素を作り出しているメラノサイトも存在しているのですが、肌が刺激や紫外線を受けると黒色メラニンを生成していきます。そして、黒色メラニンを取り込んだ細胞が表皮細胞へと移動をしていく事になります。健康な肌で新陳代謝も正常に行われていれば、黒色メラニンを取り込んでいる肌細胞は角質として排出されるようになり、褐色メラニンを取り込んだ細胞によって肌の色も元に戻ります。

 

ですが、敏感肌になっている人というのは、角層の状態も良くないですし、紫外線や花粉などのような刺激によって肌の中で炎症になってしまいます。そのため、敏感肌というのは黒色メラニンの生成量が多い状態になっていることが多いです。それに、肌の新陳代謝も乱れてしまっているため、メラニンが残り続けてしまって色素沈着になり、シミを作り出してしまうことになります。

 

そのメラニンの排出のサポートをしてくれる美肌成分として注目されてきているのがセイヨウノコギリソウエキスです。黒色メラニンがメラノサイトで作り出されてしまったとしても、表皮に到達しなければシミとして目で確認をすることはできません。

 

ポーラ研究所の研究によって、メラノサイトから表皮細胞にメラニンを取り込ませる際に使用しているデンドライトを縮めてくれる働きをセイヨウノコギリソウエキスが持っていることが判明しました。このセイヨウノコギリソウエキスというのは、西洋ノコギリ草といわれるキク科の仲間の植物から抽出されたエキスです。健康などにもいい働きがあるということで、中国でも昔から生薬として重宝されていました。このエキスというのは消炎作用の働きがあるとされており、肌の抵抗力をアップしたり肌荒れ予防の効果が期待できるのだそうです。セイヨウノコギリソウエキスがデンドライトを小さくしてくれる働きが期待できるということがわかり、敏感肌でも使用することが判明され、美白ケアでも注目されるようになったのです。

 

メラニンを減らす食べ物と増やす食べ物

 

食べ物からでもビタミンEやビタミンC、ビタミンAを摂取していくことは可能なのですが、十分摂取していくことが難しいという人もいるでしょう。
また、これらのビタミン類よりシミを減らしてくれる効果が高い成分もあります。メラニンの排出やシミの解消に役立つ成分を十分に摂取していきたいのであれば、サプリメントを摂取してみることも考えてみましょう。

 

最近は美白サプリメントも増えてきていますが、光老化によって引き起こされてしまった小じわやシミに対して効果が期待できるとされている医薬品サプリメントというのは、ロスミンローヤルのみとなっています。医薬品ですので効果も認可されているわけですので、一般的なサプリメントよりも効果を期待することができます。食事から基礎となる栄養素を摂取するようにして、更に高い効果を得るためにサプリメントも活用していくと、効率よく効果を得やすくすることも可能になります。

 

メラニン色素によって生じたシミを解消させていくためには、しっかりターンオーバーを促していくことももちろん大切です。しかし、更に効率よくシミを解消させていきたいのであれば、メラニン色素を減らす働きが期待できるクリームも上手に使ってみましょう。海の酵素が配合されているメコゾームブライトニングフォーミュラというクリームは古い肌細胞を取り除いてくれる働きがあるとされています。このようなクリームを肌に浸透させることによって、古い角質とともにメラニン色素も排出しやすくなることが期待できるのです。

 

メラニンを減らす!紫外線カットサングラス

 

私は2015年モデルのメラニンサングラスを購入したのですが、上からだけではなく横からの紫外線対策をすることも出来るようになっています
ですので、目に紫外線が入りにくくなるメラミンサングラスというのは、紫外線380nmの周波数まで99%ほどカットしてくれます。紫外線をカットしてくれるだけではなく、ブルーライトの光も4割ほどカットしてくれるとのことですので、パソコンやテレビを見ることが多い人にもおすすめです。
ただ、メラミンサングラスの場合、可視透過率がどれくらいなのか記載されていません。メラミンサングラスでもモデルによって可視透過率は違っているものと思われます。レンズの色が濃いのであれば、それだけ可視透過率も低い数値になっていると思っておくべきでしょう。おそらく私が使っているメラミンサングラスは可視透過率は30%くらいなのだと思いますが、昼間であれば特に暗いとは感じることはありません。

 

サングラスって、少し高くておしゃれなものを使いたいと思っている人もいるでしょうが、メラミンサングラスは見た目もオシャレで高級感もあります。値段はリーズナブルですのでとてもおすすめできます。それにケースも折りたたみをすることができるので携帯性も優れています。